二次会景品として望ましいものは?

良い物の条件

二次会景品として望ましいものの条件は、主に2つあります。

その1つ目は、持ち帰る際に負担にならないことです。
これは、二次会が深夜にまで及ぶことを考えると当然と言えます。

特に持ち運びが困難なものに対しては、後日配送するという配慮も必要になります。
そして、2つ目は、誰が景品を取得しても、迷惑にならない物を選ぶことです。

そのため、二次会景品として望ましいものは、だいぶ限られてくることになります。
これらの条件を満たす代表的なものは、お米券や商品券などの金券が挙げられます。

これならば、景品を獲得後、そのまま持ち帰ることもできますし、
これらを使って生活必需品を購入しても良いし、いざとなれば、
そのまま換金したりすることもできるため、獲得者にがっかりされる可能性も
低くなります。

生活に必要

また、タオルやポケットティッシュなどの生活必需品も、これらの条件を
満たすため、景品として有用と言えます。

後は、これらをうまく組み合わせ、無駄のない景品の構成にしていくことが
推奨されます。

あるいは、食事券や日帰りの温泉チケットなどでも良いでしょう。

特に忘年会あとの二次会であれば、時期的にも温泉チケットは
喜ばれやすいですし、それが遠すぎて泊まりでなければいけないような
場所ではなく、ちょっと気分転換に行ける程度の距離で
日帰りにしてもらえれば、嬉しくない人はいないはずです。
ぜひ活用してみてください。

 

 

大きな物   いくつぐらい   手作り   おじさん   予算内にする

サイトマップ   望ましい   お手頃

 

女性に人気  カニ  家電  日用雑貨  スポーツ用品