二次会景品はいくつぐらい用意するべきか


二次会の幹事に選ばれたら、準備しなければいけないことが
山ほどあり、色々と悩まれることも多いのではないでしょうか。

なかでも、その二次会の景品を用意する時には
一体いくつぐらいにすれば良いのかで悩む人もいるでしょう。

そこで、ここではその数に関するポイントをいくつかまとめています。

まず数を決める時に意識しておきたいのはバランスで、数が多すぎると
予算がかかりすぎるため、結果としてあまり豪華な内容にできない場合があります。

 

逆に数が少なすぎると豪華な二次会景品を用意できても、当たる人が少ないため、
盛り上がりにくくなってしまうことがあります。

ですから、ある程度の数を確保しつつ、内容もきちんと重視していくことが
求められるわけです。

 

ちなみに、いくつぐらいの二次会景品があると適切かというと、
参加者によって変わるもので、30人ぐらい参加者がいる二次会であれば、
3点しかなくても10人に1人ですから、非常識な数ではありません。

 

むしろこのぐらいの確率の方が盛り上がることがあるものです。

ちょっと少なすぎると思った場合には、もう少し増やして5点ぐらいに
するのも良いでしょう。

 

これなら6人に1人当たり、内容の豪華さも結構維持できるものです。
そのため、人数に応じて大体の割合をまず考えてから
予算と相談して、どの程度豪華にしていくべきかを考えると
考えやすいのではないでしょうか。


維持できる

 

大きな物   いくつぐらい   手作り   おじさん   予算内にする

サイトマップ   望ましい   お手頃

 

女性に人気  カニ  家電  日用雑貨  スポーツ用品